トップページ > キャッシングを知る >  キャッシングでの注意

キャッシングでの注意

キャッシングを利用する上での注意する事、それは一番基本的であり大切なことは、計画的に返済できる分だけ借りるということです。

その墓にキャッシングでの注意することをあげます、暗くなるような事もありますが、そうならない為にも以下の注意事項をよく読んで、注意する様にしましょう。

キャッシングを利用する時に注意する事

借りすぎと悪徳業者に注意

多数のキャッシング会社、金融業者からの借り入れで、気づいたら膨大な借入金があった!返済のために他社からも借り入れをした!などによる多重債務はキャッシングの大きな危険性を伴ない社会問題化しています。

収入に対する返済の額が20%、借入額が年収を超えると返済が難しいと言われていますが、実際にはそれ以下でも難しい状況があるようです。
返済が滞ると、延滞損害金として、契約により割り増しの利息(利息制限法の法定金利の1.46倍以内)がかかったり、信用情報により他の金融業者からの借り入れもできなくなり、どんどん追い詰められる場合があります。

キャッシングを利用する際の注意は借りすぎず、すぐに返す事と、悪徳業者に気をつけることです。
利用目的や返済計画をあらかじめ考えた上で、借り入れをする事が最も気をつけるべき注意点です。

このページのトップへ↑

ブラックリストというものについて

俗に言う「ブラックリスト」と呼ばれているのは、個人信用情報機関の中の延滞などの事故情報や債務整理者などの官報掲載情報のことです。

信用取引などの個人の情報がストックされている、個人信用情報機関がいくつかあり、どこの誰が、どんなローンを利用し、支払い状況はどのようになっているかが記載されています。 
例えとしては、あるキャッシング会社の支払いが滞り、事故として記録されている場合には他の金融機関での借り入れができなったり、サラ金で借り入れしてる人は銀行でのローンが組みづらくなるなど、金融機関はそれぞれの情報を共有して審査の参考にしています。

何かの都合で支払いが滞った場合でも、すぐに支払えば、事故にはなりません。
しかし3カ月以上滞納した場合などは「延滞」という事故情報がの記録が5年間残ります。
自己破産や民事再生などは官報掲載情報として7年間記録が残ります。

このページのトップへ↑

キャッシングは、会社・商品・取引・契約の内容をきちんと確認

キャッシングは会社、商品、取引、契約の内容をきちんと確認して、契約には細心の注意を払いましょう。重要です!

キャッシングを利用していて注意しないといけないのは、やみ金融、悪徳業者です。多重債務で返済が滞っているときなど、返済能力のない人に甘い言葉で借り入れをさせたりする業者などは要注意!!

まずはキャッシング会社や商品の情報がはっきりしているか確かめましょう。
金融業には、各都道府県か財務局に登録が必要です。
「大阪府(○)XXXXXXX号」もしくは「近畿財務局長(○)XXXXXX号」などの貸金業登録番号が広告やホームページなどに掲載されていない業者は違法業者の可能性が高いですので避ける事をお勧めします。
他にも、貸金業協会や日本消費者金融協会(JCFA)等の任意団体に登録しているかなど、ヤミ金であるか判断できる情報は多くありますので、確認してからのキャッシングの申込みをお勧めします。
会社、商品、取引、契約の内容をきちんと確認して、契約には細心の注意を払いましょう。

このページのトップへ↑

多重債務や借り過ぎになってしまったら

多重債務や借りすぎなど、追い詰められる前に自分でそれらを防ぐのが責任という事です。
しかし、もしそうなってしまった場合、まずは家族や公的機関などに相談しましょう。

どうしてもいき行かなくなった場合に、最後の手段として自己破産そして免責(用途により認められないこともあります)という選択肢があります。
自己破産、免責は法的な手続きによって、債務(借金)を帳消しにする制度です。 しかし、自己破産したという事実は残り、財産は処分、債権者への返済にあてられ、ローンやクレジットはもちろん利用できなくなります。
住所移転や長期旅行は裁判所の許可なしにはできません。郵便物は破産管財人に配達され、破産管財人はそれを開封することができます。

多重債務などに苦しむ人のための立ち直るチャンスと考えることもできますが、自己破産に至らないよう、返済計画をしっかり立て、無理な借入れは止めましょう。

このページのトップへ↑