トップページ > キャッシングを知る >  キャッシングの基礎知識

キャッシングの基礎知識

キャッシングとは、金融機関の個人に対しての小口融資の事を言います。
キャッシングの利用はサラリーマンはもちろん、パート、アルバイトの方などから主婦や学生までと幅広く、女性専門や学生向けのキャッシング商品など多彩です。

融資の方法や金額、利率、審査なども多彩で、返済もATMなどで手軽にできるなどいろいろなサービスが充実して、利用者にとって便利になっています。

テレビのコマーシャルではありませんが、ご自分の利用計画と返済計画を考えて上手に利用しましょう。

キャッシングは大きき分けて、銀行系、信販・流通系、消費者金融やネット専門のIT系などがあります。

銀行系のキャッシング

銀行系のキャッシングの特徴は、銀行ということの知名度と安心感そしてなによりも実質年率が銀行系以外に比べて比較的低金利であるところではないでしょうか。
融資限度額の設定が高いところも特徴です。

しかし、消費者金融系などに比べ、厳しい審査と、審査に時間がかかるところは難点でしたが、最近ではお借入診断等のサービスなどで自分でシュミレーションすることができます。

一般的には融資枠拡大にもシビアでお手軽にとはいきませんが、多くの融資を長期でご希望の方のにはお勧めです。
また金利は月割り計算になり、決まった返済日に口座から引き落とされたり、提携ATM・CDなどからも返済できたりとネットワークを使っての返済などがあります。

このページのトップへ↑

消費者金融系のキャッシング

消費者金融とは「銀行や貸金業者等の金融機関が直接または、提携先企業を通じて、個人に対して、サービスや資金を貸し付けたり、信用供与を行うこと」です。
金融機関には、銀行、信販会社なども含まれますが、ここでいう消費者金融系というのは、一般的に消費者金融と呼ばれている機関で無担保で素早く融資を行い、審査や融資枠拡大にも比較的甘く、法律も、銀行などとは異なるもので運営されています。

特徴は、利用限度額内であれば、借りたお金を完済する前でも、繰り返し借りることができるリボルビング方式の採用や、土日祝日の利用や、店舗に行かなくても、短時間での融資が可能など利便性の面です。
返済日を自由に設定でき、利息の計算は日割で行われるため、一日でも早く返済すればそれだけ金利は少なくて済むのが大きな魅力です。

また、一定期間無利息のサービスや、提携CD、ATM機の台数も多く、手軽な借り入れ、返済が可能です。

手軽で便利な分、実質年率が他の金融機関に比べ高く設定されています。
融資枠拡大にも比較的甘いとはいえ、融資限度額は低めの設定になります。
特にしっかりした返済計画の上での借り入れをお勧めします。

このページのトップへ↑

信販・流通系のキャッシング

信販会社系ということで、知名度と安心感があります、また同じように流通系も知名度と安心感があります。
「実質年率」「限度額」「利便性」など、信販系キャッシングは消費者金融系と銀行系の中間という感じです。
消費者金融に比べ、実質年率の平均は多少低く、限度額も高めに設定されています。
提携CD、ATM機の台数も多く、キャッシングの便利が良く、手軽な借り入れが可能です。
クレジットカード契約でそのままキャッシング機能が付いていたり、クレジットカード機能のショッピングやポイントサービスなどサービスが充実していることが特徴です。

金利は月割り計算で、ほとんどの会社が、指定口座から引き落としになります。

このページのトップへ↑

IT系のキャッシング

IT系のキャッシングの特徴は、ネット上での融資が専門のため、基本的に店舗が無く、ローコスト経営による実質年率の低い商品ではなでしょうか。
充実した提携ATM・CDがあるので、他の金融機関に引けをとらない利便性があります。
流通系や、消費者金融系などと提携する商品も多く、ウェブ上でお好きなタイプの融資を受けることができます。

このページのトップへ↑